スケール系商品の組み立て方法について
■組み立てにあると便利な道具

@プラモデル用ニッパ
 刃の部分の厚みが薄いプラモデル用ニッパを使うと、ランナーからカットしやすくなります。
Aカッターナイフ
 通常のカッターでOKですが、デザインカッターなどがあればより精度を上げることが出来ます。
Bピンセット
 指では扱いにくい小さいパーツをつかむときに使用します。
 100円ショップで販売しているようなものから1本1,000円以上するような精密なものまで種類は豊富にあります。
 エフトイズ商品のような小さい部品をつかむには、少し高めの精密ピンセットが向いていると思います。
C流し込みタイプのプラモデル用接着剤
 上が流し込みタイプ、下が通常タイプです。
 通常の接着剤は、接着面に接着剤を塗ってから組み立てます。
 流し込みタイプの接着剤は、組み立ててから、パーツとパーツの接着面に接着剤の筆の先端で触れます。
 そうすると表面張力で隙間に接着剤が流れ込んでいきます。
※接着剤の使用上の注意
 火気厳禁で、有機溶剤が含まれていますので、あまり吸い込むと身体に良くありません。
 換気には十分に注意して使用してください。
■組み立てについて

●ランナーからのカット方法、ゲート処理方法
 @ランナーからパーツを切り離す際には、一気に切り取らず、ゲート部分を少し残してニッパやカッターで切り取ります。
 A次に、残ったゲートを注意深くカットします。

●接着方法
 小さな接着面には、通常の接着剤を塗って接着させるのはなかなか難しいので、
 まず組み合わせてから、その隙間に流し込みタイプの接着剤を使用する方が、綺麗に仕上ります。

●塗料について
 ゲートカット跡の塗装がはがれた部分などを綺麗に仕上げたいといった方々にプラモデル用の塗料が向いています。
 プラモデル塗料には大きく分けて、ラッカー系、水性アクリル系、エナメル系の3種類があり、それぞれ一長一短があります。
 @匂いが少なく発色も良く筆塗りしやすい、水性アクリル系の塗料がレタッチに一番適していると思います。
 A墨入れや汚し塗装には発色・ノビが良く、塗装ムラの出にくいエナメル系の塗料が適しています。
※塗料の使用上の注意
 火気厳禁で、有機溶剤が含まれていますので、あまり吸い込むと身体に良くありません。
 換気には十分に注意して使用してください。
■デカールの貼り方

 エフトイズの商品では、よく水転写式のデカールが使われていますので、水転写デカールの貼り方を書きます。
 @説明書を見て、貼るデカールと位置を確認し、必要なデカールを切り取ります。
 A切り取ったデカールを水に浸します。(あまり冷たい水はデカールがバラバラになったりすることがあるので、
  冬場は特に気をつけてぬるま湯を使うことをお勧めします。)

 B少し浸したら取り出して、しばらく置きます。デカールが台紙の上で滑るように動くのを確認したら、
  ピンセットでデカールをつかみ、所定の位置に貼ります。
  綿棒を使って、水やデカール内に入り込んだ空気を取り出し、乾燥を待ちます。
 Cデカールが上手く張り付かない場合は、マークセッター(デカール用のり)を使います。
  使い方は、デカールを張る部分にあらかじめ塗っておき、その上にデカールを貼ります。
  デカールの軟化剤も多少混入されていますので、曲面などにも貼りやすくなります。

以上、スケール系商品の簡単な組み立て方でした。
Copyright(C) F-toys confect. All Rights Reserved.